手作りパン工房アースグリム

この物語はフィクションである。が、10年後においては定かではない。

何となくロボットの話が続きますが、
ゴルゴ13「装甲兵SDR2」読みました。

あらすじ:
地上戦のアレルギーが強い米国。国民を納得させるために、
日本のロボット技術を応用して重装備歩兵を完成させた。
そして、実践テストをするため、無人島に各国のテロリストが集められるが、
アクシデントにより、ゴルゴがその島に紛れ込んでしまう。


・・・まあ、要するに、
ゴルゴがパワードスーツと戦う話です。
e0071356_21214550.jpg


何を荒唐無稽な・・・と、一笑に付されるところでしょうが、
結構現実に即した内容だったりします。

実際、介護用パワードスーツを開発した筑波大学に、
米軍から技術提携のオファーが来ていたらしいですし。

山岳部での物資輸送用スーツを作りたいって話ですが・・・
実際は、当然ゴリッゴリに戦闘用のを作るんでしょうな。



いやー・・・・現実がどんどんとフィクションに追いついていきますね。
米軍は、20年以内にレールガンを実戦配備するとか言ってますし。

理系オタの身としては、喜ばしいことです。

この調子で、早く巨大メカ作ってくれ。
モビルスーツは無理でも、せめてレイバーくらいなら・・・・


まあ、何もってきても、
ゴルゴには勝てないだろうけどな。
[PR]
by emeth888 | 2008-04-22 21:45 | オタな話
<< ドナルドの下腹部より、バニラシ... あなたに・・・会いたかった・・・ >>